注文住宅の評判をリサーチ

注文住宅に関するニュースの紹介

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アキュラホームで評判の良い注文住宅


【1】概要

アキュラホームは東京都住宅価格3割引下げ実験において抽選倍率51倍を記録した、今人気の住まいだ。首都圏・東海圏・近畿圏・広島地区などを拠点に、自由設計の注文住宅を販売しており、評判がよい。独自のコストダウンシステムによって高品質な住まいを、より安くお届けしている。また、アキュラホームが主宰する日本最大のホームビルダー集団「ジャーブネット」約600社と力を合わせることで適正価格の家づくりを全国に推進している。

【2】日本最大600社のホームビルダー集団「JAHBnet(ジャーブネット)」を主宰

JAHBnet(ジャーブネット)とは、住宅合理化システム「アキュラシステム」を導入した全国の地域工務店・ビルダーを結ぶネットワーク組織。住宅供給団体としては日本最大となる約600社以上が参加し、独立自営のビルダーが主体性を持ちながら、先進の技術や最新の住宅関連情報を共有化。地域に根ざした活動に、全国規模のスケールメリットを取り入れ、効率化とコストダウンを達成している。

【3】新潟中越地震や阪神淡路大震災などと同じ、震度6強~7クラスでも損傷なし

アキュラホームは耐震性が優れており、評判がいいです。
アキュラホームの住まいは、品確法の住宅性能表示において、最高等級レベルにある優れた耐震性を誇る。その強さを実際に証明したのが、2005年3月に行われた「実物大耐震実験」である。阪神淡路大震災や新潟県中越地震などで記録された、過去最大級の地震波を連続3回再現。震度7クラスの激震を連続で受けたにもかかわらず、金物のゆるみや構造体の損傷もなく、極めて高い耐震性能が実証されたのである。

【4】経済産業省「次世代省エネ住宅」ビジネスモデル検討のベースに採用された実績

2002年、経済産業省は「次世代省エネ住宅普及促進事業研究会」を発足。次世代省エネルギー基準適合の「次世代省エネ住宅」が、市場原理に基づいて普及していくように新しい住宅モデルの研究を開始した。アキュラホームでは業界に先駆け、次世代省エネ住宅供給ビジネスモデル商品第一号を開発。高品質・低価格な家づくりのモデルハウスとして参加し次世代省エネ住宅を期間限定で全国販売。大きな話題をよんだ。
アキュラホームの評判の良さの秘訣かもしれませんね。

【5】日本最大のネットワークによるスケールメリット

アキュラホームは、全国約600社のホームビルダーと独自のネットワークを形成している。この日本最大級のスケールメリットを活用し、住宅資材や設備の購入にあたっては、全国規模での大量一括仕入れを実現。さらに広告販促ツールの共有など、コストをあらゆる面から見直すことで、高品質・適正価格の住まいを全国に提供している。

【6】「住宅性能表示制度」の6項目で、最高ランクの安心の住まい

住宅性能表示制度において、アキュラホームの標準的仕様は「耐震等級(損傷防止・倒壊防止)」をはじめ「耐風等級」、「劣化対策等級」、「維持管理対策等級」、「ホルムアルデヒド発散等級」など6項目で最高等級に対応。地震や劣化に強い安心の住まいを実現している。
※設計プランや条件の変更で性能表示が異なる場合あり 
※性能表示制度をご利用の場合は、別途申請費用が必要




テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://orderhouse.blog46.fc2.com/tb.php/4-4d9c6cf4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。